仕事の日のファッションのこだわりどころ

仕事の日のファッションのこだわりどころ

衣食住という言葉があるように、服は人にとって欠かせないものです

● 28歳 : 女性の話
衣食住という言葉があるように、服は人にとって欠かせないものです。
それと同時に、TPOに沿ったものを着ることも重要とされており、人に深く関わっているものの一つです。

特に、仕事の時に着る服は、プライベートとは違いTPOが重視されます。私は事務職なのですが、初めて仕事に入った時は、スーツを着て無難に初出社しました。
その後は、周りの女性の服を見ながらいわゆるオフィスカジュアルを着ています。
オフィスカジュアルといっても、人それぞれのこだわりがあったり、環境や仕事内容で様々なスタイルがあります。私の場合は、長く勤めていて意外と雑用も多いので、パンツスタイルのみです。
素材は動きやすいように、ストレッチが効いているもの。
靴は、基本的に2つを履いていて、はシンプルなヒールのあるパンプスと、ヒールが低いバレーシューズタイプのものです。
その日の体調によって、今日はしんどいなと思ったり、仕事の後で飲み会がある日はヒールの低い靴を履いています。
トップスは基本的に薄着で、カーディガンを着ています。上着があると温度の調節がしやすいので、エアコンが自分の適温に合わなくても対応できるからです。
仕事に着る服はデザインも重要ですが、快適に仕事が効率よくできることも重要だと思っているので、私はこのスタイルになりました。

Copyright (C)2017仕事の日のファッションのこだわりどころ.All rights reserved.